ファインダー

manbu.exblog.jp ブログトップ

おしえるとは

人に何かを教えるとは?

その真髄に触れた気がします。


=     =     =


ぼくの会社では外部の英会話教室からネイティブの先生が

来てくれて英会話教室を開催してくれてるのですが、

あるアクティビティの一環でこういう質問がありました。


”Why I became a ________.”



Why I became a ………


要は、なぜ、あなたは______になったのかを

みんなの前でスピーキングしちゃいなよ!っていうことなんですけど

例としてジョーさんが、なぜ英会話講師になったのかを話してくれて

その中でとっても素敵な名言があったのでシェリングしたいなと思います。


現在は英会話講師として大活躍しているジョーさんですが、日本に来る前は

アメリカで博物館で働きながら科学の講師なんかもしてたそうなんですね。


そんなジョーさんは語学にも興味があったそうで、

例えば、”~~”という言葉は”………”というラテン語が語源で、

さらにそれは”●×△□”という言葉が……


ってな感じのことをソラで言えちゃうくらいなんです。


語源とか派生語とか言えちゃうってたんげすごくないですか?!


わーは時々、母国語の日本語もちゃんと言えない時があるくらいなので、

語源も言えちゃうなんてほんと尊敬ものです(笑)


ジョーさんはほかの言語と同じように、日本語にも興味を持って

話せるようになりたい!って思ったのがきっかけで日本に来て

いまこうして英会話講師として働いているのです。


そんなジョーさんが、英会話講師って楽しい!

って思う瞬間があるそうなんですが、それは、分からない英単語に出会った時なんだそうです。

ネイティブなのに、分かんない単語とかあんのー?!って思うかもしれないけど

日本語でも同じことってありませんか??


例えば、


”ハナキンポウゲ”ってナンデスカーー?


とか、


”ハツコイ”ってアマズッパインデスカーー?


っていきなり聞かれたらなかなか答えられないですよね??


そんなふうに分からないことを聞かれた時、ジョーさんは、


「英会話の先生って楽しいなぁ」


って感じるそうなんです。


英会話講師なのに、答えられない質問が来た時に楽しいって感じる。


その理由に対する答えが、すんげー素敵だなぁって思いました。


分からない質問なのになぜ楽しいのか?


ジョーさんはこう答えてました。


ジョーさんの答え、それは、、、



”Because, Teaching is learning.”



”Teaching is learning.”




人に何かを教える時、それは自分自身が一番学べることでもあり

相手にとっても学びになる瞬間である。

そのことをジョーさんは英会話講師通して学び、それが一番楽しいことだって言っていました。



”Teaching is learning.”



聞くほうも聞かれるほうも、常に学びがそこにはある。

教えることの真髄を、この一言から教えてもらった気がします。
[PR]
by manbu-39 | 2010-07-22 00:37 | 名言

思ったこと、感じたことを綴ってます


by manbu-39
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite